山東:全域観光を大いに推進 2022年までの観光客数が延べ11億人を突破——中国山東網

首页

2018-10-17

  山東省人民政府新聞弁公室の記者会見によると、山東は全域観光の質の高い発展を大いに推進する。

2022年までに、観光業は新旧原動力転換の重要なエンジンになり、毎年受け入れ国内外観光客数がのべ11億人を突破、観光レジャー産業の付加価値額が8000億元に、雇用と税収に対する寄与度が10%を超える。 中国山東網が伝えた。

  9月7日に、山東省委員会、省政府は全域観光質の高い発展推進に関する実施方案(以下は方案と略)を印刷発表した。

山東省観光発展委員会主任の于風貴氏によると、2025年までに、山東省は観光発展の新原動力を全面的に形成、観光発展全域化、観光供給品質化、観光整備規範化、観光効果最大化が全面的に完備させ、観光レジャー強省を更に強化され、山東全域を生態ガーデン、美しい公園、精神故郷を建設する。   また、山東農業大省の優位性のもとに、レジャー農業と農村観光逸品プロジェクトを実施し、農村観光斉魯サンプルを作り上げる。

方案は産業、人材、文化、生態、機関の5つの振興と観光貧困支援富民目標をめぐり、双創(大衆による起業革新)観光基地の構築、田舎記憶プロジェクトの推進、民俗文化の伝承など数多くの措置を掲げる。   中国山東網。